念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

一対一の本願(将棋編)その2

対局の前に振り駒をして先手か後手かを決めます。歩を3枚か5枚、盤上に投げて表(歩兵)が多いほうが先手となります。 将棋でたとえれば、阿弥陀仏は必ず先手番となります。誰と対局しても振り駒の結果はそうなります。 毎週日曜日のNHK杯風で言えば、「振…

一対一の本願(将棋編)

将棋は一対一の勝負です。基本的には相手がいないと成立しません。 将棋でたとえれば、阿弥陀仏はすでに対局室に入り席についておられます。 まず席につくことです。他の誰かではなく私がです。 そして気が付いたら生きているというような私を、ずっと前から…

現場に来ておられますよ

「何も知らずにそんなこと言って。現場を見てから言ってくださいよ、わかってないでしょ。」 と最前線で働く社員が本部に対して言うとすれば、現場と本部に溝というか距離感があるというか、まあそれはうまくいっていない会社でしょう(私が言ったりします……

技術の進歩

技術の進歩で、以前ならば検出されなかったような微量のものまで検出されるようになり、 当局の指示もあって、このご時世、過剰かと思える対応に追われる現場の姿があります。 しかし、決まったことであれば誠意を持って対応していくしかありません。 さらに…

懺悔(さんげ)

南無阿弥陀仏のはたらきを聞くようになったのも、 聞きて疑心あること無し(他力の信心)となったのも、 その信心がまったく崩れず相続しているのも、 すべて南無阿弥陀仏のはたらきです。 どうしても異安心を耳にすると沸き立つ思いにかられることがありま…

宿善について

10月7日、「私の前に道はない」のタイトルでも書きました。 ~~ 道があったとすれば、救われて振り返る程度のもの。親鸞聖人の三願転入の文もそうですよ。 南無阿弥陀仏においては道など元より無いですからね。 ~~ と。 ついでに言えば、「宿善」につ…

ブログ「念仏者 とんのつぶやき」の構成

このブログの構成について。 3部構成です。というか書き始めは特に考えてなかったのですが、気が付いたらそのようになってました。 ☆2019年☆ 1部 9月9日:ブログを始めたきっかけ(思い立つ!) 2部 9月11日~9月25日:浄土真宗の要(とんの…

私の願い、仏さまの願い

阿弥陀仏の願いは、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)を生まれて死んでを際限なく繰り返して(輪廻して)いる全ての人を、出て離れさせ、浄土というさとりの世界に生まれて仏に成らせるというものです。 本当にそんな者が私で、本当に浄土往生や成…

何も求められていない その2

忖度という言葉が政治問題で脚光?を浴びました。 職場の会合でも、忖度しとるんやで!、など普通に耳にします。 露骨に下心ありありです。 それで忖度される側が喜ぶのならまだいいですが、ただの余計なお世話、だったら悲しいですね。 阿弥陀仏は、何も要…

何も求められていない

阿弥陀仏の本願に救われるのは、私が何かを足したり補ったりしした結果ではありません。そもそも始めから何も求められていません。まったく手出し無用です。そういう本願だからです。だから今救われるということがあります。時間はかかりません。ただ今救う…

私の前に道はない その3

薬の順番待ちでのこと。 キッズコーナーで絵本を見ていた子供。順番が来て母親が呼ばれる。まだ遊んでいたいと逃げる我が子を抱っこ 。そして抱いたまま薬を受け取り帰宅の途に。 力強いですね。 いろいろな理由をつけて逃げようとする者であっても、追いか…

私の前に道はない その2

親鸞聖人は教行信証の冒頭(総序)に 「 たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。」 と述べておられます。 思いがけず救われたならば、遠く過去からの因縁を喜びなさい、と。 思いがけず救われるのであって、たとえれば、いつの間にかひょいと救いとられたよう…

私の前に道はない

ああして、こうして、こうなったら救われるだろう。 そんな道(ストーリー)はありません。あったほうが分かりやすいですか。ピタッときますからね。けれどもそれは私の分別。 道があったとすれば、救われて振り返る程度のもの。親鸞聖人の三願転入の文もそ…

すべてお任せください

windows のアップデート作業が、思ったより時間がかかっていました。 途中経過の表示がその都度画面に出ていました。 案じていたら、「すべてお任せください」の表示が。 思わずニヤッとしてしまいました。 人に言われるよりはまだ信頼できるかな。 仏さまの…

完成引き渡し

家があっても眺めているだけでは喜べません。入ってなんぼです。 目の前に立派な家があるんですけどね。 まず入りましょう。構造や性能などは関心があれば調べればいいんじゃないですか。それは後からでも。 ずっと前から完成引き渡しの状態です。入らないと…

自力探し

煩悩具足の凡夫である私が、ただ今救うという本願に向いた時に出てくるのが自力の心(疑心・疑情)です。 疑心(自力の心)あること無し、となったのが他力の信心です。煩悩は全く変わりません。 ただ今救うという本願、南無阿弥陀仏に向いてますか。自分に…

早く来なさい

なむあみだぶつ、早く来なさい、とずっと呼んでいます。 このまま死んだら後生大変だからです。 こちらから、来てよと呼ぶのでない、じっと待っているのでもない。 呼ばれているのだから行くだけです。すぐに。 よくよくなむあみだぶつのはたらきを聞いてく…

まさか…、ですね。

どちらが正しいでしょうか? A:南無阿弥陀仏は、この今救ってくださります。そういうはたらきです。 B:南無阿弥陀仏とはいえど、雑毒の善しかできない者であるとはっきり知らせてからでないと救えません。できるという自惚れ心をぶっ壊さないとだめなんで…

どこから始めます?

①仏教以外の宗教 ②無宗教 ③仏教 ④浄土教 ⑤自力 ⑥他力 明日死ぬとしたらどこから始めます?

なぜ生きる、どう生きる

なぜ生きる、どう生きる…。むずかしい問いかと。 けれども、いま生きているし、すべきこともいろいろあったり。 なむあみだぶつを疑い無く聞いてから考えても遅くはないですよ。

罪や善の有る無し

罪や善の有る・無しが気になる方へ。 なむあみだぶつのはたらきを気にしてください。 自分をのぞきこんでも何も出てきませんよ。

こんな異安心あった?(つづき)

地獄や極楽を見ることも知ることもないままで救われるんですよ。なんにも私に求められてないですから。救われても同じ。なんにも分かりません。 なむあみだぶつのはたらきを疑いなく聞けるようにしてもらうだけですからね。

こんな異安心あった?

「本願を信じ念仏申せば仏に成る」 簡単すぎるから間違えやすいのかと。 浄土真宗には昔から異安心というものがいろいろあるので気を付けないと。 ネット上ではこんなの載ってました。 「地獄一定と極楽一定が同時にはっきり知らされ、相続するのだ」 さすが…

会合

自分にとって都合の悪い話だと黙ってしまうのはわかりますが、それで終わってしまうのは良くないですね。何かしら反応してくれないと。 こっちが余計な気を使うし、やった意味があまりないですね。

今日も働いた

仕事がしんどかったな…、 なむあみだぶつ。 帰りも遅くなったな…、 なむあみだぶつ。 ペラペラと人の欠点言い過ぎたな…、 なむあみだぶつ。 こんな感じで念仏となえることもあります。(実は今日のことですが)。 信心いただいたうえでの念仏は、救っていた…

浄土真宗の救い

信心をいただいた時に、浄土に往生し成仏することが定まります。このことを、現生正定聚(げんしょうしょうじょうじゅ)と言います。この世(現生)で、正しく仏に成ることが定まったなかま(聚)という意味です。 「往生」とは往き生まれる、ということ、「…

信じるか疑うか

「信心」は如来の御ちかいをききて疑う心なきなり。 如来の御ちかいを疑いなく聞いた(受け容れた)のが信心です。 疑う心なき、になるのに段階はなく、 信じる(疑い無い)か疑うか、どちらかしかないのでした。 疑う心(本願疑惑心)を阿弥陀仏にとっても…

聞く=信心 その3

親鸞聖人は、尊号真像銘文に、 聞というは、如来のちかいの御(み)なを信ずともうすなり。 と述べられています。 「聞く」というのは、阿弥陀如来(仏)の誓いによって表れた南無阿弥陀仏(名)を「信じる」ということですよ、と言われています。 「南無阿…

聞く=信心 その2

親鸞聖人は、教行信証に、 「聞(もん)」というは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞というなり。 と述べられています。 わたしたちが、仏願の生起本末を聞いて、疑う心が無いのを聞というのである、と言われています。 ここで、疑…

聞く=信心 その1

親鸞聖人は、一念多念証文に、 きくと言うは、本願をききて疑う心なきを「聞(もん)」と言うなり。 と述べられています。 浄土真宗で、「聞く」ということは、本願を聞いて、「疑う心が無い」ことだと。 続いて、 またきくというは、信心をあらはす御(み)…