念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

浄土真宗の救いとは

浄土真宗の救いとは、阿弥陀仏の本願に救われて、この世のいのちが終わると同時に、浄土に往生し成仏する(さとりを開く)ことです。

 

結論から書きました。さらに続きがあるのですが、以降に述べたいと思います。

 

私の認識を遥かに超えた救いですが、生きている時に救われるということがあるのです。

 

親鸞聖人は、29歳の時に救われて、その時のことを

「雑行(ぞうぎょう)を棄(す)てて本願に帰す」

教行信証に述べられています。