念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

聞く=信心 その1

親鸞聖人は、一念多念証文に、

 

きくと言うは、本願をききて疑う心なきを「聞(もん)」と言うなり。

 

と述べられています。

浄土真宗で、「聞く」ということは、本願を聞いて、「疑う心が無い」ことだと。

続いて、

 

またきくというは、信心をあらはす御(み)のりなり。

 

と述べられています。

「聞く」というのは「信心」を表すということです。

さらに、

 

「信心」は如来の御ちかいをききて疑う心なきなり。

 

 

と重ねて述べておられます。

つまり、

聞く=信心=本願をきいて疑う心が無い

ということです。ものすごく大事なところだと思います。

 

☆とんのつぶやき☆

ここで、「聞く」というのは、一般的な意味とは全く違うことがわかります。この文で、「聞く」というのは信心のことであり、本願をそのまま受け容れたことです。「我にまかせよ、必ず救う」という仰せに、疑いなくまかせたということです。

個人的には、「聞く」・「信心」ということについて、このお言葉が一番しっくりときます。端的にズバリと教えて下さっていると思います。

そして、本願文に「乃至十念」と誓われる念仏を称える者は、

「若不生者 不取正覚」と誓われた通りに、浄土往生できるのです。

 

この次にもう1度同じような内容について書きたいと思います。