念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

浄土真宗の救い

信心をいただいた時に、浄土に往生し成仏することが定まります。このことを、現生正定聚(げんしょうしょうじょうじゅ)と言います。この世(現生)で、しく仏に成ることがまったなかま(聚)という意味です。

 

「往生」とは往き生まれる、ということ、「浄土」(さとりの世界)に往き生まれるのです。そして、浄土に生まれると同時に、仏のさとりを開かせていただくことを「往生即成仏」と言います。これが浄土真宗の究極的な目的です。

 

さらに親鸞聖人は、阿弥陀仏に救われた人は、仏のさとりを開いて終わりではなく、浄土から還ってきて、人々を救うはたらきをさせていただくのだと言われています。これもすべて阿弥陀仏のはたらきによると言われています(「還相回向」)