念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

自力探し

煩悩具足の凡夫である私が、ただ今救うという本願に向いた時に出てくるのが自力の心(疑心・疑情)です。

 

疑心(自力の心)あること無し、となったのが他力の信心です。煩悩は全く変わりません。

 

ただ今救うという本願、南無阿弥陀仏に向いてますか。自分に向くのではないですよ。自分の中をどれだけ探しても自力の心は見つかりませんよ。意味のないことです。