念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

宿善について

10月7日、「私の前に道はない」のタイトルでも書きました。

~~

道があったとすれば、救われて振り返る程度のもの。親鸞聖人の三願転入の文もそうですよ。

南無阿弥陀仏においては道など元より無いですからね。

~~

と。

ついでに言えば、「宿善」についても同じ。振り返るもの。

 

異説があったので、まじめに一度だけ書いておきます。

 

「宿善」を、あたかも「救われるための私の善行」であるかのように、におわせながら話をする人がいます。

「宿善を厚くするように」 え?! 言い換えれば、

「私の前に道がある」ええ?!?(数増)まさに未来形…。

 

親鸞聖人の著作には「宿善」という言葉自体が無かったかと思います。宿縁という言葉を使われています。

 

遇、行信を獲ば遠く宿縁を慶べ。(当ブログで2度目の登場)

遇、信心を獲ば遠く宿縁を慶べ。

 (思いがけず救われたならば、遠く過去からの因縁を慶びなさい)

 

当然ながら蓮如上人が「宿善」と言われているのも、救われて過去を振り返ってよろこぶものばかりで、いずれも「他力の信心」「他力のお育て」「阿弥陀仏とのご縁」という意味です。

 

にべもなく言います。

 

救われて念仏申す者ですが、私は何もしてませんから。(笑)

 

これで終わり、こんなの。

 

字面通りにいかないんですよ。それとも下心あります?。

私に何かを求めるような話は、異安心どころか浄土真宗ではありません。