念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

遠慮は要らないですよ

頂きものは当然うれしいですが、遠慮もあったりします。どういったことで持ってこられたのだろうか、お返しは要るだろうか、次にお会いした時にはどう礼を言おうか、などなど。

仕事上であればなおさらです。上司に報告して相談することも…。

どうしても考えてしまいます。

 

浄土真宗の救いは他力(阿弥陀仏の本願力)の救いです。私に何の見返りも要求していません。

南無阿弥陀仏となって、今助けると現にはたらいているということは、今の私のまま助かるということです。何かする暇もないのが今ということです。助かるのみです。

名号を与えると言い換えるならば受けとるのみです。

 

ためらってしまうんですかね。遠慮なく受けとりましょう。そしてお礼の念仏を称えたらいいのです。