念仏者 とんのつぶやき

往生浄土の身となり、日々のちょっとした思いを気の向くままに残しておきます

今はできなくても

 わずかばかりの縁ではあっても、その方が亡くなったことを知ると生前の最後となった会話が思い出されます。仕事柄そういうことが年に何度かあります。

 この世でできることはなくとも、仏様に成らせて頂いてその方のためにできることがあるのだろうと思っています。

 そして他力の信心を頂いていることがいよいよ有難く思えてくるのでした。