念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

死ぬことの意義

普通、生きること以上に、死ぬことの意味・意義はなかなか見出しにくいと思います。崇高な思考の力でもって見出したとしても、死ねばその力も失うものだからです。

救われた人が亡くなることを、浄土真宗では「死ぬ」とは言わずに「往生する」と言います。「生まれる」のです。浄土往生、浄土に往って仏に生まれるのです。

そういう身にただ今救われてこそ、生きることの意味、死ぬことの意味・意義が見出せるのではないかと思います。

短い一生でも大変

世界で起こっているコロナウイルス関連のニュースにあれこれ思い悩むのですが、実際に自分にできることはあまりにも小さく限られたものだと我に返ります。

明日がどうなるか分からない短いこの世のことでも生きていくのは大変です。割り切ってすべきことを淡々としてゆきたいと思います。

この世から永い永い後生のことは阿弥陀仏の本願にまかせる他はありません。何の手出しも必要ありません。ただ今救うという南無阿弥陀仏の呼びかけにおまかせするのです。

ご縁のある方も同心に、と願うのですが、これも阿弥陀仏まかせです。是非ともまかせ切ってください。そう願うばかりです。

間違いは全部投げ出すこと

間違えた浄土真宗の話は聞けば聞いた分だけこんがらがった信心が出来上がってました。相当深い泥沼に落ち込んでいたようなものです。異安心どころか〇△×?!(訳の分からない様(笑))でした。

まるごと捨ててからゼロからスタートしたほうが余程早かったです。要はそこまでの踏ん切りがつくかどうか。

こんだけ聞いた、こんだけ時間かけた、こんだけお金かけた…、云々を丸ごと投げ捨てることです。ドカーッと。

出来ますかね。

世相

先のことを考えて行動できる人ほど賢いと思います。

けれども世界の明日どころか、自分の明日のことさえよく分からないのが本当のところです。諸行無常です。

今はまだ死ねない、来年はこうするんだ、と固く思っていてもはからずも命を落としてしまうことがあるかもしれません。

やはり今救われている、ということが大事です。いつこの世の縁が尽きようとも浄土往生です。

浄土真宗の救いは現在ただ今の救いです。今救われるに越したことはありません。

やることはやっておく

どんな集まりの中でも和が大事かと思います。

遊びや趣味であればほどほどでよくても、仕事となると本人やその家族の生活もかかってきたりするのでさらに大事かと思います。

元来日本はそういう和を尊ぶ文化が根付いているのではないかと思います。仏法を尊んだ聖徳太子の影響も大きいと思います。

自分自身は至らない点も多くありますが、和を保つ、ということにおいては立場に相応した、やることはやっておく、というスタンスを貫きたいと思っています。お互いの努力が求められます。

しっくりくる

同行のブログを気ままに読ませてもらってますが、ああそうだなあ、上手に表現されているなあ、ありがたいなあ、とうれしい気持ちになります。

学問や社会的地位や年齢、生活環境は様々であっても、他力信心という点においては共通です。信心のことについて書かれていることには、たいていしっくりくるものです。

いずれにしても、ただ今救うという本願を疑いなく聞き入れることが肝要です。