念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

忘れがち

 救われているということが当たり前になっています。バタバタしていると有難いことを有難いことだと完全に忘れてしまっています。そんなときでも常に信心を護ってくださっているのが阿弥陀さまです。

 拝まないときも 拝んで下さっている 阿弥陀さま(今月のカレンダーのことば)

こうでないと私は救われないのだと思います。なむあみだぶつ。

大雪

 大雪のため通勤で使っている幹線道路のほとんどの区間で通行止めとなりました。初めてのことです。

 前日の帰りから今日の往復、至るところで車がストップ、やむなく置き去りとなった車も10台以上目にしました。

 幾度も方向転換。道路情報を聞いたり伝えたり、スリップした車を押したりして切り抜けられました。

 いろいろあるものです。無事に帰宅できたことに感謝です。 

我が身の大事 その2

 後生の準備と言っても、私の方で用意するものは一つもありません。例えばすでに大きな船に乗っていて、その船はいつ私の寿命が尽きても浄土に行き着くようになっているようなものです。

 後生を考えようが考えまいが、考えることが出来なくなったとしてもそれは全く問題にならず関係もなく支障になりません。

 そういう船にすでに乗せられているとすれば、何とも身軽で楽なことでしょう。しんどいことがあっても頑張っていこうかな、と思えてくるものです。

我が身の大事

 今年に入ってからもすでに、あの人が亡くなっていたのか、と知って驚くことがありました。年が明けても何ら変わらない現実を知らされます。何気ない当時の会話が最後だったのかと複雑な気持ちになります。後生間に合ったのかと。

 浄土真宗阿弥陀仏の本願の救いに遇っているのかそうでないのか、大事なところです。

 南無阿弥陀仏を疑いなく聞いている、何とも有難いことです。一寸先は闇と言われますが一寸先は後生です。

 準備はいいですか?

 はい。

所信表明?

 昨年もいろいろなことがありましたが、新年を迎えるたびに同じような思いであったのではないかと思います。気付けば確実に一つ年をとっている。

 自身にいろいろなことが起きて当然、その中どう過ごしていくのか、勉強だと思います。

 南無阿弥陀仏、忘れがちな南無阿弥陀仏を称えて讃嘆できるような一日を重ねたいと思います。

嫌なこと

 嫌なことがおきても決してそれは他人のせいではないですよ、というのが因果応報・自因自果ということでしょう。ただ嫌なことと思っていたことが、時間が経つといい経験だったと反転することもあります。ややこしやです。

 それでもどうにも腑に落ちない時は仏様にぶつけておくのがよいかと思ったりします。

 念仏となえるご縁になる・・・、都合良すぎるかもしれませんが。

はが・の・をに

「人生が目的」

なるほど!と思いました。南無阿弥陀仏のはたらきに遇うことができるのは生きている今、人生。であれば各人の人生そのものが目的となる。貴重な時ですね。

 

「人生の目的」

このフレーズをこれまでいろんなところで耳にして、言葉そのものの捉え方についても考えてきました。

 

スカッと線引きができた心地です。

他のブログを読んで私なりの気付きをさせてもらいました。ありがたいことです。