念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

回想

私の願い、仏さまの願い

阿弥陀仏の願いは、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)を生まれて死んでを際限なく繰り返して(輪廻して)いる全ての人を、出て離れさせ、浄土というさとりの世界に生まれて仏に成らせるというものです。 本当にそんな者が私で、本当に浄土往生や成…

信じるか疑うか

「信心」は如来の御ちかいをききて疑う心なきなり。 如来の御ちかいを疑いなく聞いた(受け容れた)のが信心です。 疑う心なき、になるのに段階はなく、 信じる(疑い無い)か疑うか、どちらかしかないのでした。 疑う心(本願疑惑心)を阿弥陀仏にとっても…

阿弥陀仏について

阿弥陀仏は色も形もありませんが、人格的に現れてくださることで、はじめて私の認識にのり、救われるということがあります。 その阿弥陀仏の願い(本願)とは、どういうはたらきなのかをよく知らせてもらう(聞かせてもらう)ことが大事なのでした。

本当の聞き始め

我が事として受け止めよう、ですね。私が救われるかどうか、救われますよというお話です。 私が救われる教えであるから、その通りに救われるということが私の身の上にあるのだと。しかも今この時に。 えっ?となりました。 これが本当の聞き始めだったかと思…