念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

つぶやき

ご縁

もっと早くにこの分野のことを知っていたらなあ、と思うことがあります。教えてくれる人や機会がなかったものかと。 けれどよく考えてみると、そういう機会は少なからずあったのではないかと。情報を耳にしながらも、その時の自分には関心が起きなかった、心…

範疇

自分の範疇でないことには関与しない、まかせる。そして自分の役割に力を注ぐ。 こういうのもさっぱりしていていいなと思います。 南無阿弥陀仏はすべての人にはたらきかけられていて範疇というような線引きはないと言えます。 不思議でありがたいことです。

死ぬことの意義

普通、生きること以上に、死ぬことの意味・意義はなかなか見出しにくいと思います。崇高な思考の力でもって見出したとしても、死ねばその力も失うものだからです。 救われた人が亡くなることを、浄土真宗では「死ぬ」とは言わずに「往生する」と言います。「…

短い一生でも大変

世界で起こっているコロナウイルス関連のニュースにあれこれ思い悩むのですが、実際に自分にできることはあまりにも小さく限られたものだと我に返ります。 明日がどうなるか分からない短いこの世のことでも生きていくのは大変です。割り切ってすべきことを淡…

そういえば

文法的にはおかしいかもしれませんが、 「そういえば、なむあみだぶつであったなあ」と。 念仏を忘れがちな自分に気付いて情けないなあと思う私があります。 欲やら仕事やらばたばたした日常に追われる隙間にホッと一息つくのでありました。

世相

先のことを考えて行動できる人ほど賢いと思います。 けれども世界の明日どころか、自分の明日のことさえよく分からないのが本当のところです。諸行無常です。 今はまだ死ねない、来年はこうするんだ、と固く思っていてもはからずも命を落としてしまうことが…

しっくりくる

同行のブログを気ままに読ませてもらってますが、ああそうだなあ、上手に表現されているなあ、ありがたいなあ、とうれしい気持ちになります。 学問や社会的地位や年齢、生活環境は様々であっても、他力信心という点においては共通です。信心のことについて書…

心コロコロ

善いこと、悪いこと、判断に迷うことがあります。そもそも、善と悪をきっちり線引きしにくい事案もあります。 さらに、自分の都合、という色眼鏡があるので善悪の判断そのものがひっくり返ってしまうことがあります。 昨日までは、「あの人は頼りになる」、…

デジタルパワー?

毎日生きるのに一生懸命。 スマホ1つでその気になればこれでもかと言わんばかりの情報が手に入り、気が付けばもう1日が終わっている。 下手をするとスマホを操っているようで操られているのかもしれません。情報をつかんでいるようで実はそれに躍らされて…

いつでも良し

体力的なことや外見上で年をとったな、と感じることがあります。自覚していないところの衰えをゆるく指摘されることもあります。 まだまだできる、まあ仕方ないか、思いはいろいろです…。 そんな思いに関係なく一度救われたならば我が身に何が起ころうとも信…

何もない

新年を迎えました。 いつでもどこでも、 ただ救うという本願に疑いないのが信心です。それ以外に信心と言っても何もありません。 疑いという蓋があるとすれば、その蓋が取り除かれたようなものです。 中身は何にも変わりません。もし中が空っぽであれば空っ…

とん、2019年を思いのままに振り返る

今年も残すところ2日となりました。 南無阿弥陀仏のはたらきに疑いなく、今生きているということ自体ありがたいことです。 今年もいろいろなことがありましたがざっくり振り返ってみると、9月からブログを始めたことがよかったです。お盆の時に、何となく書…

かけひきは不要

よくあるパターン 中止することはない。全く考えていない。 →現時点で考えていない。 →再考。 →中止。 やっぱりね…(-_-;) ある時点から中止を決めていたのでしょうに…。 いきなり中止の発表では批判がきついからでしょうが、もう少しストレートに言って欲し…

当たり前ではない

年に一回の検診が終わった。 念仏称える身となっても病気に対する不安は全く変わらない。 その後検診センターで提供される食事中、当たり前のように衣食住しているが、毎日多くの命を頂きながら生きているのだとふと思った。 愚鈍ではあるが、生かされている…

『人生に意味があるのか、という問い』(自問自答)

今日の朝刊で、今回のタイトル『』について、別の角度からある人の言葉がとりあげられていました。 私も好き勝手に、真正面から書いてみます。 「人生に意味があるのか」 「南無阿弥陀仏のはたらきに救われてこそ意味が出てくる」 まず救われること。 私が救…

死ぬことについてどう思いますか

・考えてもあまり意味がない ・考えても暗くなるだけ ・こわい ・嫌なこと ・考えてどうにかなることではない ・死んで戻ってきた人は一人もいない ・わからないものはわからない ・それよりも(だからこそ)今生きることが大事 ・限られた命と知り、精一杯…

有難いこと

生き方、自己啓発、思考についての本でいろいろ学ぶことがありますが、著者が勧めてはいても、これが正解と言い切れる書き方はほとんどしてありません。学説や統計は説得力はあると思いますが。 つまるところ、一人一人がよりベターと思える選択をしながら生…

本当の終活

就活ならぬ終活という言葉がすでに定着した感があります。自分が死んだ後に自分のことで迷惑をかけたくない、残された人に幸せになってもらいたい、いろいろな思いがあってのことだと思います。 私も今死ぬとなると残される家族のことを真っ先に考えます。大…

摂取不捨(せっしゅふしゃ)

どんなサービスでもまかせることは基本的に楽ですが相応の対価を求められます。それでも稀にトラブルや事故があったりします。 そのための契約、覚書、保険、保証、…いろいろな手続きをしたり要求されたりします。やはりお互い心配があるからですよね。 当然…

人間って、難しいですね…

救われたからといって、浄土真宗の知識や学問は何ら変わりません。本願に対する疑いの心が無くなっただけです(このだけ、が実に有難いことではありますが)。 勉強したり経験を積んだりしないと何も身につかないのはどの分野でも同じかと思います。 端的に…

自分の間違い、人の間違い

大概のことは、自分に非があった、間違いがあったと気付いたら素直に認めてしまうのが楽かと思いますし、事が良い方向にすすみやすいと感じます。 逆に、相手の間違いを指摘するのも気を使います。言う前に気付いてくれないかな、と思ったりもします。そして…

遠慮は要らないですよ

頂きものは当然うれしいですが、遠慮もあったりします。どういったことで持ってこられたのだろうか、お返しは要るだろうか、次にお会いした時にはどう礼を言おうか、などなど。 仕事上であればなおさらです。上司に報告して相談することも…。 どうしても考え…

一対一の本願(将棋編)その3

普通プロの対局では最後の1手まで進むことはなく、 この先の詰み(負け)が分かると投了します。 「負けました」と。 将棋でたとえれば、よくよく盤面を見てみるとすでに詰んでいることに気付いたようなものです。 「負けてました」と。 蓮如上人は、 「思…

一対一の本願(将棋編)その2

対局の前に振り駒をして先手か後手かを決めます。歩を3枚か5枚、盤上に投げて表(歩兵)が多いほうが先手となります。 将棋でたとえれば、阿弥陀仏は必ず先手番となります。誰と対局しても振り駒の結果はそうなります。 毎週日曜日のNHK杯風で言えば、「振…

一対一の本願(将棋編)

将棋は一対一の勝負です。基本的には相手がいないと成立しません。 将棋でたとえれば、阿弥陀仏はすでに対局室に入り席についておられます。 まず席につくことです。他の誰かではなく私がです。 そして気が付いたら生きているというような私を、ずっと前から…

現場に来ておられますよ

「何も知らずにそんなこと言って。現場を見てから言ってくださいよ、わかってないでしょ。」 と最前線で働く社員が本部に対して言うとすれば、現場と本部に溝というか距離感があるというか、まあそれはうまくいっていない会社でしょう(私が言ったりします……

懺悔(さんげ)

南無阿弥陀仏のはたらきを聞くようになったのも、 聞きて疑心あること無し(他力の信心)となったのも、 その信心がまったく崩れず相続しているのも、 すべて南無阿弥陀仏のはたらきです。 どうしても異安心を耳にすると沸き立つ思いにかられることがありま…

宿善について

10月7日、「私の前に道はない」のタイトルでも書きました。 ~~ 道があったとすれば、救われて振り返る程度のもの。親鸞聖人の三願転入の文もそうですよ。 南無阿弥陀仏においては道など元より無いですからね。 ~~ と。 ついでに言えば、「宿善」につ…

私の願い、仏さまの願い

阿弥陀仏の願いは、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)を生まれて死んでを際限なく繰り返して(輪廻して)いる全ての人を、出て離れさせ、浄土というさとりの世界に生まれて仏に成らせるというものです。 本当にそんな者が私で、本当に浄土往生や成…

何も求められていない その2

忖度という言葉が政治問題で脚光?を浴びました。 職場の会合でも、忖度しとるんやで!、など普通に耳にします。 露骨に下心ありありです。 それで忖度される側が喜ぶのならまだいいですが、ただの余計なお世話、だったら悲しいですね。 阿弥陀仏は、何も要…