念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

聞く=信心 その3

親鸞聖人は、尊号真像銘文に、

 

聞というは、如来のちかいの御(み)なを信ずともうすなり。

 

 と述べられています。

 

「聞く」というのは、阿弥陀如来(仏)の誓いによって表れた南無阿弥陀仏(名)を「信じる」ということですよ、と言われています。

 

南無阿弥陀仏」という言葉となった「どうか私にまかせておくれ、必ず救って私の浄土につれていくよ」のはたらきを、疑いなく受け容れたのが信心です。

 

疑いなく聞いたそのままが信心である、ということを、浄土真宗では「聞即信」と言います。