念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

何もない

新年を迎えました。

いつでもどこでも、

ただ救うという本願に疑いないのが信心です。それ以外に信心と言っても何もありません。

疑いという蓋があるとすれば、その蓋が取り除かれたようなものです。

中身は何にも変わりません。もし中が空っぽであれば空っぽのままです。ただしそういうことがストレートに照らされます。

欲や怒りや愚痴の煩悩にふりまわされっぱなしですが、一日を振り返って静かに法を仰ぐとなんともありがたい気持ちになるものです。

日々の大きなしあわせに感謝して、なむあみだぶつと称えつつ日暮らししていきたいと思います。