念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

死ぬことの意義

普通、生きること以上に、死ぬことの意味・意義はなかなか見出しにくいと思います。崇高な思考の力でもって見出したとしても、死ねばその力も失うものだからです。

救われた人が亡くなることを、浄土真宗では「死ぬ」とは言わずに「往生する」と言います。「生まれる」のです。浄土往生、浄土に往って仏に生まれるのです。

そういう身にただ今救われてこそ、生きることの意味、死ぬことの意味・意義が見出せるのではないかと思います。