念仏者 とんのつぶやき

-往生浄土の身となり、いろいろな思いを残しておきます-

一対一の本願(将棋編)

将棋は一対一の勝負です。基本的には相手がいないと成立しません。

将棋でたとえれば、阿弥陀仏はすでに対局室に入り席についておられます。

まず席につくことです。他の誰かではなく私がです。

 

そして気が付いたら生きているというような私を、ずっと前から助けようとしている、そのいわれを聞くことです。

 

親鸞聖人も、ひとえに親鸞一人がためなりけり、と本願を振り返っておられます。